あなたも中古ドメインを利用してみませんか。

もし、あなたがサイトを開こうとしたら、まず最初にすることはドメインを決めることです。
しかし、わかっているようでわかっていないのがドメインです。
せっかくですから、ドメインについて知りましょう。


ドメインとは

ドメインはインターネット上での住所で、サイトを特定するのに使われます。
たとえば、◯◯.comならば、ドメインは.comとよばれるドメイングループに属することになります。
こうしたグループはいくつもあり、それぞれの特徴があります。

たとえば、.com、.net、.co.jp.、ne.jpがよく耳にするドメインです。
それぞれで新たにサイトを開くときには、新規取得を行います。
そのあとは、年間の更新料を払い続けると、ドメインを続けて利用することができるのです。
年間の更新料も1千円から4千円くらいとなっています。

中古ドメインとは

中古ドメインとは、更新料が払われなかったり、使われなくなったドメインのことです。
すでに使われなくなったドメインを別の企業や団体や個人が利用することも可能です。
新規の方が良さそうですが、実は中古のドメインの方でもメリットはあるのです。
そのメリットは子ページにて詳細は書きますが、中古でも得することは多いのです。

中古ドメインの取得方法は

中古のドメインは、ネット上にてアットオールドなどの販売サイトにて取得することができます。
複数の中古のドメイン販売サイトがあり、日本はもちろん海外の販売サイトがあり、どこででも取得することは可能です。

どの販売サイトでも、中古のドメインの基本的な情報がすぐにわかります。
ページランクや他からのリンク数やその値段などがわかるようになっており、初心者でも安心して購入することが可能です。

中古の方がいい理由とは

この中古のドメインはすでに利用されてことがあるので、さまざまなメリットもあるのです。
それが中古がいい理由となっています。

まずは、中古の場合、いったん新規登録された日があります。
それが古いほど実はSEO対策としていい結果を出すことも可能です。
つまりは、長く運営されていると判断されて、検索上位にくるかもしれないのです。
さらにそのGoogleの検索エンジンにかかりやすくなるといったメリットもあります。

他にも、ページランクと言うものが、それが中古だとすでにランク付けされていることもあり、それが高いとやはり検索やSEOとして、いい結果を生むことになるのです。

デメリットももちろんある

いろいろなメリットは他にもありますが、その一方デメリットもあるのも事実です。
例えば、中古なのに値段がたかかったりします。
1万円以下のものもあれば、10万円以上のものもあったりします。
新規ドメインでの年間の更新料よりかは、購入するときの金額は高くなることが多いでしょう。

また、購入したときにすでにそのドメイン自体にペナルティが存在することがあります。
実はページランクといったものはそのドメイン自体の価値を高めるのに役立っており、ページランクが高ければ自然に検索上位にきたり、他の人からもリンクが増えると言うことなります。
しかし、ドメインにはペナルティというものがあり、それがあると検索の上位に来ない、また検索すらされないということもあります。
ひどくなるとGoogleなどから検索範囲対象外になっているなんてこともあります。

他にもひどくなると、購入したばかりなのにスパム扱いされることもあるのです。
そうなると誰からも利用されないドメインになってしまうのです。

このようにさまざまなデメリットが隠れています。
それを知らずに中古のドメインを購入すると損することになります。

中古のドメインの活用法を知ろう

中古のドメインを活用することが、中古のものを買う最大の理由です。
でも、どう活用すればと思うかもしれません。
まずは、よくあるのがアフィリエイトで利用するときとよくあるのはサテライトサイトです。
どちらにしてもうまく利用すれば、人を呼び寄せることもできます。
これがうまくいけば、お金を稼ぐことになったり、企業の利益や名前をあげることにつながるかもしれません。

最後に

今では中古のドメインでもかなり利用されてきており、注目も高まっています。
一部では中古のものは利用してもメリットが少なくなっているとも声もありますが、まだまだ利用する価値もあります。
日本だけでなく世界中のドメインを利用してみるのもいいかもしれません。
ぜひ、あなたも中古のドメインを利用してみませんか。
新規ドメインだけがドメインでないことも実感出来るでしょう。

更新情報