選ぶポイントを知っておこう

中古ドメインも今では、かなり注目を集めています。
中古と聞くとちょっとイメージが悪く聞こえるなんて人もいるかもしれませんが、実は多くのメリットがあり、SEO対策としても注目されています。
案外手軽に入手可能ですので、SEOで頭を悩ましている人やサイト運営者も、1度は中古ドメインも検討してみてもいいかもしれません。
たくさんの販売サイトが多いので、そこに掲載されているドメインを比較しながら探していくといいでしょう。

中古のドメインを選ぶポイントとは

中古のドメインを選ぶポイントとしめ、真っ先にあげられるのはその年数です。
ドメインエイジともよばれ、どのくらい運営されたかというドメインの年齢です。
販売サイトを見ればたとえば、2014からとなっているようにして、何年にできたかがわかります。

Googleなどの検索サイトでは、新規登録されてから半年や1年は検索上位になりにくいなんてこともあります。
それよりは3年以上経ったのが上位になりやすいとも言われています。
3年以上くらいの年数かで選ぶといいでしょう。
なお、あまりに長すぎると価値が下がってくることもあります。
10年未満だと特に問題にならないでしょう。


ページランクに注目

Googleの場合、ドメインごとにページランクを振っています。
この評価が5段階になっており、高ければそれだけ検索上位に来る可能性も高くなります。
ちなみに中古のドメイン販売サイトでも独自のページランクを設定しているところがあります。
これも結構、参考になるので、Googleのページランクか販売サイト独自のページランクで高いものを選ぶようにしましょう。
ちなみにページランクが3以上あれば、まずまず大丈夫だと言えそうです。

最後に

中古ドメインを選ぶときにはまずは、この2点に注目をしてみるといいでしょう。
この2点を満たすとそれなりに値段も高くなってくるので、予算も準備しておくことも忘れないようにしましょう。