買う前にはチェックもしよう

アフィリエイトをしている人やさらにサイトを新しく開こう、SEO対策を考えている人には、中古ドメインの存在も気になるところです。
新規ドメインに特にこだわる必要はありません。

もし、これから中古ドメインを購入しようとする人は、そのドメインのチェックを事前にすることも大切です。
チェックをわざわざしないといけないのかと思うかもしれませんが、チェックをすることがそれが、ドメイン利用の成功へと繋がるのです。

運営状況を調べてみよう

Wayback Machineというサイトを使って、中古のドメインの運営状況を調べることが出来ます。

もし、doesn’t have that page archivedとメッセージが出たら、他から利用されていなかった中古のドメインかもしれません。
リンクされても数が少なかったり、ほとんどアクセスがないことになります。
また更新もされていなかったりと価値の低い中古のドメインとなります。

価値が高いとメッセージは表示されず、さらに更新された日や他の人が利用した日などがわかります。
利用された日が多ければ、それだけ優良なドメイントも言えます。
そうなると購入してもいい中古のドメインとなるのです。

ブラックリストではないのか調べてみよう

Agues.jpを使うと、中古のドメインがブラックリストになっているかわかります。
もし、検索してみてブラックリストとわかったら、購入するのは止めましょう。


被リンクやページランクを調べてみよう

被リンクやページランクをSEOチェキで調べられます。
被リンクの数が多いかを調べたり、さらにページランクが正しいかを確認するといいでしょう。
もちろん販売サイトで紹介されているページランクも正しいはずですが、念には念を入れましょう。
評価が途中で変わっている可能性もあるからです。

この結果で数が多い場合やページランクが正しければ購入しても大丈夫となります。

最後に

中古のドメイン販売サイトにて、販売されていても自らチェックしてみて、安心できるかを確認してから購入するようにしましょう。

  « 前の記事: を読む